美容

髪の傷みがひどい…こんな時は切るしかないの?

shock12

「髪は命を落とした細胞ですから、ひとたびひどい状態になってしまった場合は回復しない」って、大半は認識されています。

髪はお肌同様淡泊質でできているわけですが、お肌と異なるという部分は「回復動作のパワー」なのです。

お肌の回復パワーは至極凄まじく、キズといったマイナスを起きても近い内改善されます。

だけども髪っていうのは復元動作が付いておらず、爪と一緒のようなもので育った所は復元が行われません。

「じゃあ傷んだ髪は切るしかないの?」

と思うかもしれませんが、そうでもありません。

今回は切る以外の傷んだ髪のケア方法をいくつか紹介していきます。

 

切る以外のひどい髪の傷み対策を紹介!

髪の傷み対策①:オーガニックのヘアーケアオイル

頭髪は復元動作もありませんし、ひとたびひどい状態になってしまった場合は100パーセント立て直すことは不可能です。

髪がダメージを受けるひとつ前の環境にすることは不可能ですが、負荷を悪い状態にしないために、現時点での髪の状況を改善するというのは可能なんです。

髪の付け根で産み出される皮脂を髪の先端まで染み込ませるというプロセスが注視すべき点と言えます。

髪の傷みが日に日に安定してしまうというものは、あなた自身が産み出していらっしゃる皮脂が、オーガニックオイルと似た役回りに携わっていることが原因です。

「頭部の肌における脂腺より分泌されていた皮脂」などによって髪はしなやか、きれいを回復させるのです。

 

髪の傷み対策②:頭部の肌よりのブラッシング

頭部の肌における脂腺より分泌した皮脂は、ブラッシングなどの方法で髪の先端までフォローします。

髪は下にダウンする資質となっていて、おのずと頭部の肌より皮脂が髪に通い流れることになるのですが、髪がロングの方はひと際、髪の先端まで油分が到達しづらいと思います。

頭皮からのブラッシングは、皮脂を毛先まで行き渡らせる効果があります。

 

髪の傷み対策③:シャンプーに注意をはらう

ヘアーケア専用グッズで何にもましてキーポイントとなることこそがシャンプーと考えます。
シャンプーは頭部の肌にストレート処理するもんで日々使用します。このシャンプーの洗うパワーが強烈過ぎる時には、頭部の肌は言うまでもなく髪の負担に至るまで影響を及ぼします。

頭部の肌・髪に負担を掛けないアミノ酸シャンプーの力を借りるなんかは、シャンプーに影響を受けるストレスを楽にすることが必要不可欠になります。

 

髪の傷み対策④:洗い流さないトリートメントでケアする

洗い流さないトリートメントは、高温より髪をプロテクトする効き目を挙げられます。

ドライヤーをあてる手前、アイロン寸前に、洗い流さないトリートメントで髪を防御することを意識しましょう。

洗い流さないトリートメントにしても「リシリッチ」などタイプが一杯用意されていますから、使いやすさや髪の様子に応じ分類して利用することが求められます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です