日記

まさかの家事でした。

04841fd183351df5c9ddc3d0ac244ccd_s

私は洋服販売の仕事をしています。

 
もう15年以上経つのですが本当に毎シーズンごとにたくさんの洋服を購入します。自宅には大量の洋服があるのですが毎年決まったタイミングで同じクリーニング屋さんに洋服を出してました。

 
その年もお願いしようと沢山の袋を抱えて持って行きました。50着ほどで6万以上の支払いでした。

 
そこは長く預かってくださるところも魅力で次のシーズンまで置いておいても良いという素敵なサービスがありました。こちらのクリーニング屋さんですね。

 
自宅はそんなに広くもないですし既に沢山の洋服が収納を占領しているので本当に助かっていました。

 
いつも行くクリーニング屋さんは本当に優しいおばちゃんで割引きもしてくださりいつも助かってました。

 
その日も沢山出したのですがよくアイロンをかけている姿も見えてました。

 
自宅からクリーニング屋さんに洋服を出し友達とご飯を食べて帰る途中、消防車がものすごい数大きな音を出して通り過ぎていきました。

 
普通にヤな予感がしてそのクリーニング屋さんの近くに着くとあのクリーニングやさんから煙りも出ていて消防車から放水しているところでした。
外から見た感じ真っ黒でした。あの洋服!!!
と思いました。

 
全て焼けたようで嘘のようなタイミングの家事でした。
もちろん全焼で何もなくなってしまいました。

 
全て弁償とのことで恐ろしい金額返してもらいましたがもえあの洋服たちは全てなくなった。と思うと本当に悲しい気持ちになりました。

 
もちろんそのクリーニング屋さんもなくなり優しいおばちゃんは疲れたように変換してくださった後はお会いすることもなくなりました。

 
それからクリーニングに洋服を出す際はすぐに引き取りに行くようにしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です